Wifiの安全性:ネットワーク侵入者を見つけるには

WifiではPCやスマートフォンなどの端末が存在すれば、有線ではなくワイヤレスでインターネットに接続することが可能となります。このワイヤレスであることは、非常に利便性も良く、通信速度に関しても有線と同じぐらいの速度でインターネットを閲覧することができ、場所を固定されずに部屋のどこでも接続を行うことができるのがメリットです。

ところがWifiにはこのような優れた点が存在する一方、無線LANなので意図しない第三者が接続することができるケースもあり、それによってネットワークに侵入される可能性も否定できません。ネットワーク侵入の目的は、個人情報を抜き取ること、また無断で回線を使用することが存在し通信速度も著しく損なわれることもあります。

もっとも個人情報を抜き取る上では、クレジットカード番号を始め、金融機関の暗証番号を抜き取られる恐れもあり犯罪に遭う他に、犯罪に使われる可能性も存在します。こうしたことからネットワークに侵入された場合には、それを解析し実際に侵入者があったことを教えてくれる方法が存在します。

まずWifiには接続ログが存在する場合があり、自分の所有している端末や心当たりのある端末以外のアクセスがあればネットワーク侵入者である可能性が高いです。他にも第三者がネットワークに侵入したかどうかを見破る方法では、ただ乗り監視ソフトを常駐させ、それを起動させておく方法も存在します。

ただ乗り監視ソフトは登録されていない端末などでのアクセスが存在すると、それを通知によって教えてくれます。つまりポップアップで知らない端末がWifiに接続するとリアルタイムで教えてくれ、それによって侵入者が存在したことが分かります。

侵入者を見つけることも大切ですが、セキュリティの万全化を図る上でもネットワーク侵入者がアクセスできない方法にしてしまうのも重要なポイントです。端末には固有の識別番号であるMACアドレスが存在するので、それによるフィルタをかけておくと、特定の端末しかアクセスすることができないので、侵入者の問題も解消されます。